ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うなぎ
うなびは日本人にとってなじみのもの。

しかし、うなぎについてはまだまだ謎が多い。

例のごとく、日本は食品の多くを輸入に頼っている。

うなぎとて例外ではない

うなぎといえば、浜名湖を思い出す。

うなびといえば、国産よりむしろ中国産のほうが安くて大きいような印象をうける。

養殖でぶくぶくと太らせたうなぎはガチョウに無理やりえさを食わせて育てたフォアグラを連想した。

一度、フォアグラを作るための飼育をみたが、下世話な内容だった。

うなぎをみてそうおもった。

うなぎの稚魚も輸入に頼っている。まだうなぎがどこで産卵して、いるのかわかっていないので、

泳いでくる稚魚を捕まえているそうだ。太平洋のどこからしいが・・・・・・

うなぎをパクパクと食べながら思うことは、日本の食卓は崩れやすい、ということ。

いつぞや、聞いた話では、結婚では「夫の胃袋をつかめ」とかいっていた。

もちろん、本物の胃袋を掴むわけではない食事のことである。

人が生活を維持するためには、食はなくてはならないもの。

食育も大事だが農業も大事にしたいものだ。

うなぎを見てそう感じた。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。