ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国産
中国産の食べ物は多いんだが、安全はどうなっているのか!?

今度はしめさばから殺虫剤成分が検出されたらしい。

今のところ被害報告はでていないみたい

餃子に続いてまたこんなことが・・・・・・・と思いつつ、普段よく食べる納豆を見ると、

中国産、遺伝子組み換えでない中国産というカンジ

しめさばなんて、にぎりすしが好きな自分としては鯖は好きなネタのひとつですよ

炙りにしめに生にと鯖には色々つきますが、全部、すっきゃねん

中国から加工された商品なんて見ただけじゃーわからんし、親切なお店は、ドコドコ産って書いてあるけど、大概は書いてない。

まさか、魚に殺虫剤成分が入っているとはおもわなんだ。

大腸菌などは調べてもさすがに・・・それは・・・といったカンジ。


こうなると、何でもかんでも怪しく見えてくる。

北京オリンピックを控えて、中国側もどうにか「偽」や「偽装」は払拭したいもの。

しかし殺虫剤成分は日本側での検出ゆえ、中国側をひどく叱咤することはできないが、

不信感はぬぐいきれないものがある。

環境問題においても中国産のものは空からやってきた。光化学スモッグとやら。

大気汚染も深刻らしいし、オリンピックが開かれる影で、住民の立ち退きなども問題となっている。

本来なら多くのオリンピック出場選手が北京で合宿して本番に臨みたいところだが、陸上など中心に北京を合宿地をせず、競技直前に現地入りする国が多いらしい。

各国も馬鹿ではない。大気汚染の身体に及ぼす影響は計り知れない。

かつて日本でも、四日市ぜんそくなど大気汚染の歴史を学んだ。

スポーツ選手ならなおさら、である。

滞在中の食事も気になるところである

かつて日本も高度経済成長によってプラスが多かったが環境に対して配慮が足らなかった。

今の中国がまさにそうだ。

しかし日本側にも、安い外国産にたよっている部分もあり、一概にどちらが悪いとはいいがたい状況である。

ガス田問題に歴史問題に最近の食の問題。

日中友好の時代はくるのだろう!?
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。