ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大学と全入時代
今日から、入試も本番とのこと。
公立、私立とも各地で入学試験が開催されていました。
公立ならまだしも、私立大学は、もはや全入時代に入り、人気、不人気が表れてきます。
大学全入時代とは、募集人数と志願者が同じか募集人数が多くなり、希望しなければ、受験者全員が入学できること。
もう、大学も高嶺の花でなく、誰でも入れる時代になったが、
大学間の格差も生じている
だいたい日本は大学が多過ぎると思う。
有名大学に集中しているが、地方は何か独自に取り組まなければ先はない
酒田短期大学の例をみると、大学の在り方も問われるだろう。
留学生ばかりに頼ることもできないが、将来自分の母校が無くなり、成績証出すのも大変な時代が来るかもしれない
福岡では東和大学も無くなった
ちなみに私の母校の小学校も統廃合で無くなった
母校が無くなると何か悲しい
大学全入時代が来ると言うことは、
基盤の弱い学校は吸収・統廃合となる。
自分の母校は無くならない事を祈りたい。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。