ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ハンドボール
最近、ハンドボールが人気らしい。

男女ともに、アジア予選は体育館満員で、当日券にも列がとのこと。

ハンドボールについては、いわゆる「中東の笛」の問題があった。

アジアハンドボール連盟自体が中東の塊みたいなもんで、ホームびいきして審判するのは、常識のようだ。

疑惑の日本戦においてもヨルダン人によるレフリーだった。

レフリーいわく28回のミスジャッジについて、人間だからミスは仕方ない、サッカーだって、野球だってミスはある。など言っていた。

若干ではあるが、28回に触れても、これは明らかに多すぎる。

サッカーであれば、無効試合にもなりかねない。

しかしハンドボールでは通用している。

カタール監督もホームでの試合では、「なぜ、ホームに私たちに有利なジャッジをしないんだ!?ここはカタールのホームだぞ!」と言うほどであり、審判もこれに呼応したようにとられてもしかたない。

アジアのハンド連盟は腐っているが、国際ハンド連盟も威厳が無さ過ぎる。

エジプトの方が会長らしいが、アジアハンド連盟に厳しい処分を今の所くだせないでいる。

まー、たしかにその背景には、オイルの影がひそんでいることがわかる。

スポーツだけでなどと甘い事を言うのは日本の弱いトコだ。

民族問題にしても、中国・韓国に言われ放題、され放題だし、結局今、日本は資源をもたない国であり、経済も技術でカバーしている部分が多い。金のある国と石油のある国では今は、石油がある国が強いであろう。

それだけ、石油(オイル)の力は大きい。

このハンドボールの問題がスポーツの枠で収まらないなら、日本にとって大ダメージとなる。

本来なら国際とい組織全体で取り組んでいくことが求められtることはいうまでもない。

スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。