ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
成人式
またもやといった感じ。

成人式での暴動はもはや年中行事でしょうか?

酒に酔って、パトカーの窓ガラスを割ったり、カラオケボックスのドアを割ったり、飲酒運転で捕まったりと様々でした。

新成人の記念に履歴に汚点をつくってどないするねん

といった感想も私の中では、毎年のこと。

迷惑をかけるなよといわれて20数年経ちますが、最近の新成人には目にあまるものがある。

ちなみに今年の新成人はひのえうまと言われた年代より少ないそうな。

もう日本社会の衰退の一片を見るような感じがします

荒れる成人式。

福岡でカラオケ店のガラスドアを割った少年によると、「弁償するから、いいだろ?」と釈明したそうだが、はたしてそうなのか?

弁償、弁償、というがそういう考え方が出るようではもう終わってる。

成人の答えとしてはあまりにもがっかりする内容である。

大人の社会でもたしかに解決策の一部にあるかもしれない・・・・・・。

昨年の世相をあらわす漢字として「偽」が選ばれた。

多分、耐震偽装に始まり、食品偽装や防衛省問題、年金問題と様々な問題が起こった。

耐震偽装は姉歯物件から波及して全国に広がった。

防衛省問題は、ゴルフだの、子どもの留学費だの、会席に出席した、しないだの国会の無駄な時間を使った。

年金に関してはまさにお役所仕事、親方日の丸もいいとこだ。

食品偽装も消費者から見れば、なんじゃそりゃ、といった感じ。

赤福やマック、吉兆、白い恋人など名のしれたものばかり

なんか世相が成人式にそのまま反映したように見える。

唯一救われるなぁと感じたこともあった。

沖縄の成人式で会場の前で酒を飲む馬鹿者が落として割った酒ビンを片付ける成人もいた。

TVのインパクトねらいもあるが、最後でチョこっと流れた。

少し嬉しくなった。企画した職員ではなく、参加した新成人の中にもこういう人がいたことに。

もしかしたら何気ないこの一コマに今の日本が見えてくるかもしれない
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。