ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導者
指導者とは大事だと感じた
今日、全国高校サッカー選手権の決勝が行われている
流通経大柏と藤枝東だそうな
それよりも心配していることがある。
長崎の高校サッカーである。
長崎と言えば、言わずとも国見高校であった
全国大会には連続出場県代表もそうであった
1990年代と2000年代前半は、国見だった。
最近では、その様相が変化している。
島原商業、長崎日大などが国見をたしか破っている。
しかし、国見高校が常勝軍団になった一つの要因がある。
それはまぎれもなく指導者であり総監督である小嶺監督の存在である。
小嶺監督が国見高校の監督に就任すると、国見は常勝軍団となり、全国区となった
しかし小嶺監督が去ると県大会を勝ち抜けなくなった。
(詳しいことはあまり知らないが)
指導者によってこれほど強くなるものかと感じた一例である。
強くなれば人はあつまる。
公立であり、これほど、すばらしいチームを作れる手腕はすごいと思った
またあの黄色と青色のユニフォームを国立で見ることができるのだろうか?
国見OBとして平山、大久保、中村北斗、都築、松橋、城後などが現役としてたしかがんばっている
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。