ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先生
先生と呼ばれるためには・・・・

コネでもいるのだろうか!?

大分県での問題で、渦中の人物が辞表を出したとのこと。

狭き門であり、なるためには、懸命に努力したと思う。

自分の実力で合格したのなら、何も文句のつけようもない。

親の子を思う故のことだが、決して許される行為ではなかった

よく、一次(筆記だろう)をパスすれば、2次はなんとかしてやる・・なんてことはよく聞くが、

大分の場合は、筆記において、点数を改ざんし、上げ下げをしていた。

本来の点数より低くなった人に関しては、はらわたが煮えくり返る思いだろう。

先生と呼ばれるための登竜門であり入口である採用試験でこのようなことが起こっていること自体が教育を行う立場としていかんせん、納得いかない。

自分が教えられた先生がそうであれば、落胆する。

(実際には闇の中なのでどうしようもないが・・・・)

せめて公務員という立場を保障させてくれるなら、公正公平はジャッジを期待する。

公務員の人気もあるなかで、起こるべくしておこったことで、バレるのは時間の問題だったと思う。

これに追随する動きがあるのかな・・・・・・・・・・。
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/07/25(金) 18:11:04 | | by (#) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。