ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホークス
昨日、セ・パ交流戦、ソフトバンクVSベイスターズの試合を見てきました。

先発は杉内と那須野でした。

ナマの試合で先頭打者ホームランを初めてみた

横浜の一番金城のHRは出鼻をくじかれたかっこうだった。

これ以降は投手戦の試合で、七時過ぎには5回終了というエコな試合経過だった。

ドームの空気が変わったのは、ソフトバンク唯一の得点回の6回だった。

的山のバントの場面だった。

さすがベテラン!!というべきアピールだった。

ドーム内は笑いと拍手に包まれた

この的山のスリーバントをピッチャー那須野がエラーしたことをきっかけにして3点が入ったと思っている。

もちろんタイムリーを打った松中もほめるべきだが

杉内のピッチングを見る限り、今の横浜の打線では一発警戒で十分だったと思う。

しかし、ソフトバンクが勝ったことはうれしいが、元来、巨人ファンの私の目には元巨人の仁志にも気がかりな点もあった。

仁志の華麗な守備と意外性のあるバッティング(社会人時代は4番だったし)がすきだったが、

この試合は打つ方も守備も精彩を欠いていた

空振りなどは、仁志らしいが、いい当たりはなかったし、

守備では、堅実で魅力的なプレーや頭脳的(データ的)なポジショニングなどが光っていたが、見られなかった。

横浜の現状にマッチしてるようだった。

仁志には、奮起してもらいたいと感じている

試合は杉内がスミ1で横浜打線を抑え、完投勝利!!

横浜のワンポイント投手リレーも負けている場面であんなに使うかな!?と思わせる内容だった。

とりあえず、応援したソフトバンクが勝ってよかった。

またこの日は「杉内応援デー」だったので更によかった!!
スポンサーサイト




コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。