ご飯とから揚げ
気長にそのとき、そのときを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うすっぺらい
最近、いい気になって政治のこととか経済のこととか書いていますが、あくまで私観的で主な情報源はニュースや新聞など。

それに対して、自分の意見をやんや言ってるだけ。

自分の性格としては、反体制派が基本スタンス。

タカ派とハト派のどちらかというと、むしろアルバトロス派です(笑)

つまり、ただのアホウ!ということですね。

そのため、今の日本の政治で例えると、自民はソコソコで公明は大嫌い。

そんなわけで、基本は反政府的意見の方が多くなるのですね、この日記はゎ。

更に、血液型B型の気分屋で意外と繊細でチキンハートなくせに、すぐ投げ出すが興味・関心の高いものにはトコトンのめり込み、ギャンブル好きときている。

いっている(書いていること)と行動することが違うことが多くある。

そんなわけで、今日は、政治ネタを1つ

なんか小泉元総理が引退されるとのこと。

周りから変人だとか何とか言われていたが、自分の思ったことを実行し、「コレ!」と決めたり、感心したことはすぐ実行に移すところはよかったと思う。

最近の組閣や政治内容を見ると、某政党の意見ばっか聞いたり、派閥や何やらの言うこと聞いて、人事したりと、総裁としての権限を半減させるようなことが多かった。

小泉元総理の行動あってか、いろいろわかることも多くあった。靖国にしても、領土問題、拉致問題、郵政事業など。

私は郵政事業の民営化じたいは反対だったが、それは、今でもかわらない。

確実に手数料は高くなっているしね。とくにイライラさせるのは定額小為替の発行に関してだ。

前まで10円だったが、今や100円となっている。

つまり、通販や全プレなどで応募する場合、大概は1000円なので、合計1100(手数料込み)となるが、それを理解しない会社もあり、800円や700円など中途半端な値段設定をしているところもある。

900円なんてむしろ論外だ。

900円の場合→500円+400円
800円の場合→500円+300円
700円の場合→500円+200円か400円+300円
となるのだよ。

そうすると、明らかに900円の場合は合計は1100円となる。

だったら、1000円にしても値段は変わらないし、会社は利益がでるし、送る方も一枚ですむのだよ。

そうなると、大雑把な私は800円の場合でも1000円でいいじゃんなんて思う。

とにかく、一枚ですむし、100円しか違わないし、10円の手数料の時代とはわけが違う。

紙代を節約になるし、と思う私です。



おっと、政治ネタから外れてしまった

もとに戻したいところだが、気分屋な私は脱線したまま終わることにしよう。

何かしら後に書きますわぁ

スポンサーサイト
新総理
新総理が誕生。

麻生さんが予定通り!?のレースを勝利して自民党の新総裁に。

もはや、公明党の機嫌ばっかとってた自民党だが、組閣には、小渕さんが入閣されたようだ。

留任や麻生さんを早急に支持した人物も多い。

そんなことはさておき、いい加減に、変なネーミングをつけて、批判するのには、最近飽き飽きだ。

特に社民党なんか、ひどいネーミング。

各局の番組でも、評論家を招いて、「名前を付けるとどのような内閣ですか?」なんて聞く。

民主党の小沢代表はとくに何も言わなかったらしいが・・・・・。

負け犬ほどよく吼えるというか、なんとも情けない。

そこしか取り上げないマスコミもそうだが

補正予算やら、事故米、後期高齢者医療制度、年金、解散総選挙など、課題や難題が山積みだ。

どのような対応をとるか楽しみだ。



そういえば、今回の組閣人事は「タカ派」の集まりなのか!?
事件多発中。
最近、子供への事件のニュースが多いですね。

福岡の事件では、母親のトイレに行った間の「誰か」の犯行でしたが、どうも今朝のニュースでは、母親に逮捕状が出ているとのこと。

自作自演というのか?母親の供述にも曖昧な点もあるとか・・・・・。

そういえば、

もし、本当なら、子殺しとなりますが、そうなれば、なんとも遺憾ですね。親が子供を殺すなんて・・・・。

こんなニュースを聞いていると、私は尊属殺の事例をまっさきに思い浮かべる。

これは、かつての日本には、殺しについて、他人と親族(両親など)とでは、刑の重さが違った、今の刑法では削除されています。

この尊属殺については、違憲とされ、削除に到った裁判の事例はこどもが親を殺したという例なので、福岡の事例とは逆ですが、一体、何がそうさせたのか事件の究明が望まれる。

「尊属殺の削除の基となった裁判」は内容が悲しいので、ここでは割愛しておきます。





AIG
前回の日記の続き。

リーマンの破綻だが、AIGもやばかったらしい。

アメリカ政府も最大9兆円の公的資金の投入を決めたらしい

アメリカの場合、自己責任の考えが多く、破綻しても政府はそれほど支援はしない。日本と違って、アメリカの場合はいつ倒産してもいいように、現ナマで山分けするそうな・・・・。確か破綻したリーマントップのボーナスなんて40数億だった気がするのも頷ける。負債が出ないうちにさっさと分ける・・・いいことかもしれないが・・・・・。

しかし、AIGといえば、日本においても、AIGスター生命やアリコなど国内に1万件以上も顧客を持つし、世界各国に事業展開している。これが破綻するとなれば、かなりの影響が出ると判断したのだろう。

実際に資金の投入の代価としてアメリカ政府はAIGの株の80%を要求。政府の傘下に事実情入ったかたちとなった。

一応の最悪の事態は回避した。

まだまだ、余波は収まっていないようだ。

かわって日本では、いまだ汚染米の話題が尽きない。自故米が汚染米に!?工業用米か食用米か?さらには加工用米なんて言葉もでてきた。工業用米は「のり」(海苔ではない方)の材料として使うらしい。食用にも、加工用米という分類があり、冷凍食品などに使われるらしい。品質において、通常の食用米より劣るらしい。

更に政府は、転売された会社の名前を公開した。

これに激怒するのは、知らずに購入した業者となる。あるいみ被害者とも言える。

しかし、各業者(会社)は、最近の「食」に関する偽装が相次いでいることから判断するに、自社で管理していくことが求められる。うなぎや食肉などの偽装も後を絶たないが、米を扱う業者から、自社で加工して消費者に売るのだから、最低限の品質チェックはすべきことで、上から流れてきた米を何も違和感もなく加工し、自故米(汚染米)でした!と言われ、農水省(国)がキチンとチェックをしていないからだ!とか、元売業者が悪いだとか被害者ぶっているが、はっきりいってこれは、エゴであり、自社で使う原料すら、把握できていないことの裏返しだ。自社の商品に自身を持っていないことになんら変わりははい。被害者ぶった業者は農水省を訴えるなど言っているが、自社で原料を管理して、判断していれば、この自故米の影響は少なくて済んだはずだ。何でも国に訴えるのではなく、最低限のことは自分たちで解決する必要がある。

なんでもチェックが甘い!国はもっと徹底しないといけない!というが、生産・販売業者が自社の製品がどのようなモノを使って作っているのかさえ理解していないようでは、消費者は何を選んだらいいいのか、わからない。

国もたしかに悪いが、そこまで責めるだけの後ろ盾はあるのだろうか!?
リーマン
何やら、アメリカの大手、証券会社リーマンなんたらが倒産したらしい。

ニュースでもいろいろと報じられている

あんまり興味もないし、ドル安とか円高とか言われているが・・・・はてさて何を思うか・・・。

日本にとってのメリットは対米の輸出入に関して、アメリカから小麦などを多く買っているからいいとか・・・。

しかし、そんなメリットなんてデメリットがぶっ飛ばしてしまうようだ。

世界規模で考えたら、景気は下降するだろうし、日本でも嘗て、潰れないであろう山一が倒産したときは驚いたが、今後も余波が続くと思われる。米政府は援助の方向ではないらしい。そこは、日本と大きく違うところ。日本だと公的資金を投入して助けようとする。

過去にどれだけ、公的資金を投入してダメになったことか・・・

資金運用に関しては、年金も、うかうかしていられない。

年金積立を運用して増やそうとしている政府はどうしようもない。

このリーマンの倒産でどれくらいマイナスがでるのだろうか!?まだ余波もあるだろうし、どれだけマイナスが増えるだろうか!?積立を使うなんて、どうかしている。結局、ツケを払うことになるのは、今の若い世代であって、年金給付年齢が60歳から65歳に引き上げられた時もそうとうな文句が出たが、今後のさらなる引き上げも確実だろう。アメリカでさえ、年金は運用していない。政府系ファンドなんて信用していない。

さてさて、話は変わって、自民党の総裁選挙も中頃だ。議員票は麻生氏が過半数を獲得する勢いで、都道府県票(各3票)の動きもそんな劇的な展開は望めない。小泉元総理が小池氏を支持といっても、実際に「小泉元総理が自らの口で言ったトコ見てないし、行動だけだ。前評判通りにことが進みそうだ。

そうなれば、総選挙の話へ進む。

さきの参議院選挙で議席を伸ばした民主党が第一次公認候補を出した。与党の落ち目議員に対抗馬をたてた。

なにかと失言のある我が長崎ブロックでも久間議員のところに薬害肝炎訴訟の原告団の一人の福田さんに要請した。ほかにも、有森さん(マラソン)にも要請したが、断られたらしいが・・・。まだまだ対抗馬を出し、対決してくる。党首小沢はというと、国替えも?ということ。どうなるかは、解散しだい。

民主といえば、ちょっと前に数名の議員が新党結成か、反小沢か、なんかで離党した。結局は、姫の虎退治を演じた姫野議員が今度は、姫のわがままか?説得されたか?離党撤回し、党に戻った。この離党については、比例の分際で、議員も辞めず、離党して新党をつくるなんてアホらし。比例は党がとった議席であり、議員辞職してから、新たに「やる」のがスジであり、民主を応援したであろう国民の期待を裏切っている(私は民主支持ではないが・・・・)

今後のかじ取りは、アメリカの景気を見ながら進めていかなくてはならなくなる。当のアメリカも大統領選の最中だ。

不景気の波がどれだけの「もの」になるか、総選挙はいつになるのか。

私の一番の関心事はそれよりも、目先の卒業であるが・・・・・・(笑)



パソコン前
パソコン前でパチパチと論文書いています。

今日はがんばったので、400字詰原稿用紙30枚分くらい書いた。

でもたいがいはカットや書き直しによって半分くらいにきれいに収まるのだ。

不思議だ。

書いてるときはそんな感じもしないのに、無駄な部分が多かったり、不必要な説明、つけたしがあったりと・・・・

わりと自信があった箇所がすっぽりなくなったりと・・・・


うみのくるしみですな

いまからは涼しくなるので、夜中はまさに論文書きに最適な時間になります

ラジオを聴きながら、ふと夜の空を眺める・・・・

われを忘れ、一時の感慨にふける・・・・・・


されど、論文進まず。

深夜のバカヂカラはでるか!?
今週から雨らしい
せっかくの3連休だってのに、雨が降る予報が流れた

でも、特に予定もないし、強いていくとすれば、アニメイトくらいのもんでした。

バイクか徒歩か公共交通機関しか手段がないため、雨が降ると行動範囲が極端に狭くなります。

休みは結局、家でゴロゴロして、パソコンをパチパチして、飯をパクパク食べて、何をするでもなく、ただただすごすことになりそうです。

傘さして、遊びに行くような元気もないし、バスとか使うかねもない。

結局、のんびりと音楽を聴きながら、ベース弾いて過ごそうかな
おまけ
最近だが、多くの雑誌におまけがついている。

アニメにとらわれず、ファッションや趣味など・・・。

私の場合、たいがい、アニメ・声優関連で多く目にするが、おまけを見て、

「おまけ無しで少し価格を抑えてくれないか?」

「おまけつきのわりには、価格が安いなぁ」

の両方でジレンマになるときがある。

完璧な買う方のエゴだが、よく、少年エースを買うときに最近、エヴァやハルヒのおまけがよく付いてくる。

付録というべきなのだろうか!?

はっきりいって、エースは安いのでそれほど苦にはならないのだが、某雑誌にはミニフィギュアをつけて、1000円か、それ以上の価格で売っているものもある。

加熱するのはいいが、エスカレートすると、いろいろな問題もある。

かつて、トレカやシールがおまけでついていたおかしをおまけを取って、おかしを捨ててしまったり、価格を抑えようと中国製の劣悪な素材により異臭がしたりと、何かと、問題も多い。

実際、多くの付録の原産国は中国になっていることがほとんどのような気がする。

安さを極め、雑誌自体の質が上がらなければ、その雑誌の未来は見えている。

誌上通販や付録、エロで部数を維持できるほど、あまくない。

昔ほど、読みたいなぁ~と思う漫画に出会わないのは私だけだろうか!?

王将
最近、めったに食べないですが、ひさしぶりに!と思って、王将にいってきました。

アメトーーークでも「王将芸人」の放送があり、久しぶりに行こうかなと、長々と考えていましたが、やっと私の重い腰があがりました!

ひさしぶりでしたので、定番のラーメンセット(ラーメン、やきめし、ギョーザ)とエビチリ、チューリップというラインナップで注文

腹いっぱい食べました

さすがに、最近は少食だったので、久々の満腹感を減らすためにせっせとカラオケへ!!

ウーロン茶を片手に、歌ってきました。

やっぱ、中華料理は旨いなぁ~と感じたひと時でした
国会
よく法律とか、国会答弁とか聞くが、

内容がよく理解できない。

法律改正の資料なんか、回りくどい言い回しがやたら多く、旧法と比べる時に困る

あと、各官庁の通達だとか、刊行物なんか、「こころ」がない。

まー、これは、公式の文なのでとといえば仕方の無いことだが、よく文部科学省の分科会の答申とか報告書とかよく読むが、素っ気ない。

まー、これはこれでいいのだろうが、研究のため読むとすぐ飽きてくる。

日記の訂正
前回の「辞任」において、記述内容に間違いがあった。

公明党の部分で、農水大臣のくだりだが、

事務所費問題は自民福岡区の人物でした。

訂正します。

辞任
福田さんが辞任された。

今度は誰が総理になるだろうか!?

だれになろうと、厳しい国会になることは間違いない。

また野党は例の如く、福田さんのことを揶揄して「何とか内閣」や「何とか総理」などネーミングして批判していた。

まー、野党だから、政権が続いても、辞任しても批判するのだが、いささか、そのネーミングセンスも疑われる(笑)

とくに社民党ね。

とかく、与党といえば、麻生さんとか、小池さんとか、与謝野さんとか擁立する動きもあるようだ。さすがに、安倍、福田と辞任が続いた町村派は静かにしているようだ。

連立を組む、私の嫌いな公明党は!?というと、大臣として唯一の農水大臣に事務所費問題がある。どうも農林水産省には魔物が棲んでいるようだ。

自民も公明を引き剥がして政権を動かせば、このような辞任劇は無かったと思うが、やはり公明党もコバンザメのようにしつこいらしい。地方では、公明党の支援ナシでは旗色が悪くなるらしく、選挙のときに眼の色変える創価学会の票が必要な自民党議員もいるようだ。

次期の総理は誰だろうか?

私としては、オタクにやさしい麻生さんになってもらって、児童ポ法を緩くしてもらいたいものだ(笑)

ニコニコ
久しぶりにニコニコ動画を見た。

相変わらず、といった感じがした。

面白いのは面白いのだが。

楽しむ分にはいい。

時間潰しにはいいね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。